クレジットカードの退会方法・手続きのやり方

- クレジットカードの退会方法・手続きのやり方

クレジットカードの退会方法・手続きのやり方

手続きの前の事前準備

クレジットカードの退会をする際に気をつけたいのが、リボ払いや分割払い、またキャッシング枠の利用で未払いがある場合に原則として一括返済を求められるという点です。
全ての支払い終了後かまとまったお金が用意できる余裕がある時に退会手続きを行うのが無難です。
同時に、公共料金の支払いなどカード引き落としになっているものも別の方法に切り替えておくようにしてください。

また、カード使用時に溜まったポイントも無効になってしまいますので、できる限り有効活用してから退会をしなければ損です。
支払い残高を0に、失効してしまうポイントも0に、カードをまっさらな状態にしてから退会をするようにしましょう。

退会は電話一本でできる

退会手続きの方法は非常に単純で、カードの裏面に書かれているカード会社の電話番号にかけて解約の意思を伝えるだけで済みます。
加入のための審査が慎重に行われることから手間がかかりそうですし、退会理由を聞かれたり引き止められることを心配しているかたは少なくありませんが、実際はとてもスムーズです。
オペレーターに手続きを依頼をするのが一般的ですが、中には音声ガイダンスの指示通りにボタンを入力するだけで手続きが完了するカード会社もあります。

万が一理由を尋ねられた際にも「利用しなくなったから」とシンプルに伝えるだけで問題ありません。

使わなくなったカードを処分する

card-kurezitto
退会した後のクレジットカードは返送をする必要がありません。
大事に持っていても二度と利用することはできませんので、責任を持って自分自身ではさみを入れて破棄してください。

また、現在使われているカードはほとんどがICチップつきのものです。
このICチップにはカードの番号だけではなく利用者の個人情報も記録されているため、読み込みをする磁気ストライプの部分だけではなく、チップが組み込まれているところしっかりと切っておく必要があります。
できる限りバラバラに、可能であればばプラスチック用のシュレッダーを使うのもおすすめです。

退会時期に関する注意点

退会はいつでも可能ですが、加入直後に解約手続きを行うのは控えておいたほうが賢明です。
大抵のカード会社は入会したかたへのお得な特典をつけており、短い利用時期ですぐに退会をするような利用者はそんな特典狙いであると判断されます。
もしまた同じ業者のカードを新規で作ろうとした際、審査の目が厳しくなることは言うまでもありません。
そのためにも、少なくとも半年程度は利用を続けてから判断するようにしてください。
いつでも手軽に利用できるからこそ、使いすぎには注意しましょう。
最近では退会もスマホでできるので、重く考える必要はありませんが。
年会費が無料となることが多い初年度中でも特に問題はありませんが、後々に悪い印象を持たれないようにするためにも1年は保有しておくとリスクが少なくて済みます。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 お金が必要になった時に便利!クレジットカード現金化のメリットを知ろう! All Rights Reserved.