簡単に現金化出来ることが危険

クレジットカード現金化は、手軽にできることから飛躍的に利用者を増やし続けています。
しかし多重債務を助長するということが問題視されており、クレジット会社側も最新の注意を払っています。

クレジットカードの利用は一時債務

クレジットカードを使い買い物をするのが主流になりつつあり、たくさんの人が最低でも1枚はクレジットカードを持つ時代になりました。
しかしクレジットカードを利用するということは、クレジットカードの会社が一旦立て替えて、その金額に利子をつけて返済させるというものです。
つまり、一時的な借金を背負っていることになります。
クレジットカード現金化はキャッシング枠を利用するのではなく、ショッピング枠を利用して行います。
普段の生活の中で買い物をするように使うため、限度を忘れて利用してしまう人が多く居ることも事実です。

自分の金銭感覚を見直そう

クレジットのショッピング枠を現金化するのは、普通に買い物をする感覚に近いと言えます。
しかし実際は大きな違いがあり、利用者のほとんどはそれに気づいていないと言えます。
普通に買い物で利用した場合は、利用した金額と同等の価値のあるものを手にできると言えます。
しかし現金化を使った場合は、還元率が存在しているので必ず損をしています。
例えばショッピング枠が10万円分あり、それを現金化しようとします。
すると還元率が80%だった場合、カードの利用料金は10万でも実際に手にできる金額は8万円になります。
このように必ず実際に利用できる金額が、マイナスになっているんです。
どうしても現金が必要な場合は、還元率の良い業者をい使う事が大切です。
少しでも損をする率を下げれるように、下調べをしてから業者を使うようにしましょう。

まとめ

現金化を利用するということは、実際にクレジットカード使える金額の8割程度してか現金を手にできないということを知ることが必要です。
簡単にスマホなどでも申し込みができてしまうので、思いつきで利用するのではなくしっかりと返済できるのかを見極めてから利用するようにしましょう。
状況に応じてキャッシング枠を利用した方が良いのか、現金化をする方が良いのかをしっかりと理解する必要があります。
どちらを利用したとしても借金をすることに変わりがないことを忘れてはいけません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 お金が必要になった時に便利!クレジットカード現金化のメリットを知ろう! All Rights Reserved.