銀行がクレジットカードを発行する仕組みとは?

- 銀行がクレジットカードを発行する仕組みとは?

銀行がクレジットカードを発行する仕組みとは?

カード選び

沢山のクレジットカード
クレジットカードは様々な金融機関が発行しており、提携企業も様々です。
入会方法にも、店頭、封書、インターネットなどがあります。
まずは、どのような用途で使用するのか、どこが発行するカードが自分にとってふさわしいのかを選ぶ必要があります。
入会金や年会費、盗難保障や旅行保険等、会社によって付帯するサービスも料金も様々ありますのでよく吟味してください。
よく買い物をするショッピングセンターやスーパー等が提携し発行している物はポイントがお買い物時に使えますし、飛行機の移動が多い方はマイルの溜まる物がおすすめです。

申し込み

現在はほとんどのカードが店頭に行かずにインターネットで入会可能になりました。
申し込みには法律で定めた必ず申告しなければならない項目や、企業ごとに決められたルールに従い、ご自身の情報を伝える必要があります。
また、本人確認が必須になるので氏名、住所、生年月日の記載された公的証明書類の準備が必要です。
支払い能力や限度額の設定の為、年収や負債状況の申告が一般的に必要です。お勤めされている方は会社名や連絡先を聞かれる事もあります。
他社のクレジットカード利用状況や、ローンの有無、現状の住居形態等を問われることもあります。

審査

お申込み完了後は、一定の審査が行われます。
この審査基準の詳細は公開されていませんが、入会条件に満たしているか、必要情報が揃っているかは最低限必ず必要な項目になります。
通常は、一定の収入(専業主婦は旦那の年収が基準)があることが条件となります。
総合限度額は年収から見る支払可能見込限度額によって設定されます。ショッピングでの利用枠とキャッシングでの利用枠も審査の段階で決定されます。
限度額については、本人からの申告で再審査により引き上げが可能です。キャッシングの枠を0にすることも勿論可能です。

クレジットカードには支払い方法や回数の設定があります。基本的には会計時に回数を指定しますが、後から変更が可能なものも増えています。
その中で1回払い以外の分割払いがこの割賦枠です。割賦枠というのは総合枠とは別に限度額が設けられ、複数のカードを持っていた場合にもその人自身が割賦で使用できる限度額(支払可能見込額)は一定です。カード枚数が多ければ多いほど、割賦枠が広がるという訳ではありませんので注意が必要です。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 お金が必要になった時に便利!クレジットカード現金化のメリットを知ろう! All Rights Reserved.